未病対する漢方薬!効き目が極まる!?

463641

漢方薬は未病と言われる、まだ病気になる
前の体の不調時に是非活用したい薬です。

例えば、私は10年ほど前から編集の仕事をしており、
ほとんどオフィスにいてずっとパソコンと向かい
合っていることが多く、運動不足、目の疲れから、
辛い肩こりに悩まされてきました。

最初は貼り薬でなんとか誤魔化せていたのですが、
だんだん効かなくなり、マッサージ、鍼治療など
いろいろ行ってきましたが、どれも
一時的で次第に全く効かなくなっていったのです。

肩こりからくるめまい、頭痛、吐き気から仕事を
するのも嫌になってきた頃、知人から、漢方が
効くみたいだから試してみたらと言われ、
半信半疑で薬局に行き、薬剤師に相談したところ、
おそらく葛根湯が良いだろうとのこと。

とりあえず騙されたと思って購入してみました。

実際に試した感想!ココが好きです

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

それまで、私は葛根湯は風邪の時に服用するものとばかり、
思っていたので、意外でしたが、実際にお湯に溶かして
飲んでみたところ、すぐには何も感じなかったのですが、
10分くらいしてからだんだん体がポカポカして、
血行が良くなっていくのを感じました。

例えて言うなら、お風呂上がりのポカポカした感じです。

そして何となくそれまでガチガチに強張っていた
肩や首の筋肉がほぐれたというか、
痛みが多少和らいでいるような気がしました。

その日は何となく楽になったような、
そんな感じで寝床につきました。

漢方の継続こそ力!健康を取り戻そう

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

服用初日は、何となく楽になったような、そんな感じ
だったのですが、驚いたことに、毎日服用していると、
それがどんどん楽になっていくのです。

今まで行ってきた貼り薬やマッサージ、鍼治療では
感じたことのない手応えを感じました。

今までは、最初はとても楽になるのですが、
段々と効き目がなくなっていきましたので、
それとは全く逆なのです。

続ければ必ず、前よりも良くなっていく。

これはおそらく、服用することで、体の内部
から改善していったからだと思います。

外部からの施術はあくまでもその場しのぎ。

肩こりに悩まされている皆さん、是非
漢方で体の中から改善していきましょう!

%e6%bc%a2%e6%96%b9

コメントを残す