症状によって漢方を選べば難しくない!?

漢方薬と聞くと何か難しいイメージがあったり、どれを選んでよいかわからなかったりととっつきにくい感じを持たれる方もいらっしゃると思います。ちょっと漢方薬はどんなものかなと思って薬局やドラックストアで見ただけでも数十種類は置いてあり、同じ名前のものでもどう違うのか、価格が違うのはどういう違いがあるからなのか、などとても選びにくく敬遠してしまったという経験がある方もいらっしゃるでしょう。しかし、ポイントを絞れば、どの漢方薬がどういう症状によく効くのかなど実はわかりやすくなっているのが現状です。
まず、漢方薬ではよく耳にするタイプで、痩せるための漢方薬を紹介します。太りすぎの方によくみられるのは、体の気の流れが正常ではないので食べ過ぎないでも太ってしまうこともあります。ストレスが原因でダイエットをしてもなかなか減量できない方には、大柴胡湯(ダイサイコトウ)が代表的な漢方薬で、とり続けると自然と体質改善がはかれます。また、どうしても過食ぎみになってしまう人には、防風通聖散(ボウフウツウショウサン)、冷え性で体が冷たいと感じる人には当帰芍薬散(トウキャクヤクサン)をおすすめします。
漢方薬には、日常的に感じるストレスを楽にさせてくれる効果もあります。体質が自然と悪いほうへと流れていくのを守るためにさまざまな漢方薬が古来からあります。症状によって使いわける必要がありますが、代表的なものをあげると、夜眠れないし怒りっぽい性格の方には抑肝散(ヨクカンサン)、立ちくらみや血圧の低い人には補中益気湯(ホチュウエッキトウ)、体が冷えてしまう人には柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)、また、気持ちが落ち着かず不安感が強いタイプの方には桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)が体質を改善させてくれます。
もっと一般的な症状として、風邪をひいてしまったとき、またはそれを防ぐための漢方薬を紹介します。かぜとひとくくりにしても、大きくわけて2つの体の体質に合わせて使用します。一つの症状として、寒気がするタイプがあります。鼻水がでてくしゃみが止まらない。いかにも風邪の初期症状ですよね。この場合は体自体が冷え切ってしまっているため、体を温める葛根湯(カッコントウ) と用います。反対に喉が痛く、熱があり、頭痛がする。こういう症状は体が暑すぎて熱を逃がしてあげなければいけません。銀翹散(ギンギョウサン)が最も効果的です。水分をたくさんとり休養してください。

辛い肩こりにも効く漢方

<未病にこそ効き目のある漢方薬>
漢方薬は未病と言われる、まだ病気になる前の体の不調時に是非活用したい薬です。例えば、私は10年ほど前から編集の仕事をしており、ほとんどオフィスにいてずっとパソコンと向かい合っていることが多く、運動不足、目の疲れから、辛い肩こりに悩まされてきました。最初は貼り薬でなんとか誤魔化せていたのですが、だんだん効かなくなり、マッサージ、鍼治療、などいろいろ行ってきましたが、どれも一時的で次第に全く効かなくなっていったのです。肩こりからくるめまい、頭痛、吐き気から仕事をするのも嫌になってきた頃、知人から、漢方が効くみたいだから試してみたらと言われ、半信半疑で薬局に行き、薬剤師に相談したところ、おそらく葛根湯が良いだろうとのこと。とりあえず騙されたと思って購入してみました。
<実際に試した感想>
それまで、私は葛根湯は風邪の時に服用するものとばかり、思っていたので、意外でしたが、実際にお湯に溶かして飲んでみたところ、すぐには何も感じなかったのですが、10分くらいしてからだんだん体がポカポカして、血行が良くなっていくのを感じました。例えて言うなら、お風呂上がりのポカポカした感じです。そして何となくそれまでガチガチに強張っていた、肩や首の筋肉がほぐれたというか、痛みが多少和らいでいるような気がしました。その日は何となく楽になったような、そんな感じで寝床につきました。
<継続こそ力>
服用初日は、何となく楽になったような、そんな感じだったのですが、驚いたことに、毎日服用していると、それがどんどん楽になっていくのです。今まで行ってきた貼り薬やマッサージ、鍼治療では感じたことのない手応えを感じました。今までは、最初はとても楽になるのですが、段々と効き目がなくなっていきましたので、それとは全く逆なのです。続ければ必ず、前よりも良くなっていく。これはおそらく、服用することで、体の内部から改善していったからだと思います。外部からの施術はあくまでもその場しのぎ。肩こりに悩まされている皆さん、是非漢方で体の中から改善していきましょう!

女性の不調に漢方薬を取り入れましょう

女性の皆さんは病院に行く程ではないけど健康面で何かしらの不調に悩んでいる方が多数いらっしゃると思います。男性と違って女性には毎月生理があります。その生理での不調と言えば生理痛、過多月経による貧血、イライラする、体が冷えるなど様々です。
また更年期障害という閉経を迎える女性にも多くの試練があると聞きます。のぼせ、めまい、肩こりなど日常生活を送ること自体困難な状態が何年も続くのですから私も今からその時期を乗り越えないといけないと思うと不安です。
ではその毎日の不調を少しでも和らげるためにどうしたらよいか考えた所、以前より極度の冷え症で悩んでいた私はテレビで漢方薬の特集を見た事がきっかけで病院にかかろうと思いました。

1 冷え症に長年悩んだ過去
私は25歳頃から周囲の人と比べて極度の冷え症だと気付きました。それは職場で同じ制服を着ているにも関わらず、自分だけが寒くて風邪を引いてしまう程でしたので嫌でも冷え症だと認めざるを得ませんでした。しかし冷え症について何も対策を行う事もなく30代になり年齢を重ねるにつれどんどん症状が悪化したため、副作用の少ない漢方薬を病院で処方して頂く事にしました。私は身長159㎝、体重42㎏と痩せ型なので先生がツムラの漢方薬の23番「当帰芍薬散」を1日2回食前に服用するように処方して頂きました。

2 当帰芍薬散の効果
私はこの漢方薬を服用し始めて5年目になりますが、冷え症が治ったという実感は正直ありません。女性の冷え症は永遠のテーマですし、年々酷くなるのだから少しずつ症状を和らげているのだろうと考えています。
当帰芍薬散は月経不順に効果がありますが、私にもすぐに実感出来ました。毎月バラバラだった月経周期が28日周期に整いました。生理周期が整うと旅行などの色々な計画が立てやすくなります。生理痛のために服用していた痛み止めの市販薬も必要なくなりました。

3 病院での処方をおすすめ
現在漢方薬はドラッグストアで購入する事ができますが、私は絶対に病院で処方してもらうことをおすすめします。その理由は本日私が毎月購読している新聞の広告にあるドラッグストアのものが入ってきました。ツムラの当帰芍薬散の1日2回服用タイプの2週間分で3600円でした。私が全く同じ漢方薬を病院で処方してもらうと、病院の診察代で590円、調剤薬局で支払う薬代が1月分で900円です。金額の余りの違いに驚く人も多いでしょう。
自己判断で手軽にドラッグストアで購入するより、きちんと病院の先生に症状を相談して処方してもらった方が金銭的にも長続きします。

漢方をより効果的に使用するために!!

漢方薬は東洋医学において処方される薬であり、現在の日本で主流である西洋医学において処方される薬とは伝統的な中国の医学と同じで体全体を見るという点で大きく異なります。また体を根本から治していくことに重きをおいているのでその点でも内臓などに原因を求めている西洋医学とは違いが見受けられます。またこれは注意しなければならない点でもあるのですが、漢方薬にも副作用はあります。西洋医学で処方される薬と比べれば自然の材料を使っているため少ないとは言われていますがこの点は誤解しないようにしなければなりません。
・漢方薬は断食をしながら使用することでより効果を発揮する
先ほど漢方薬は体を根本から治していくことに重きをおいていると書きましたが、その点で断食と共通しています。断食も体の中の悪いものを排出していくことにより体を根本から治していくことができます。しかし断食は知識もなく専門家の管理されずにおこなうととても危険なので注意しなければなりません。その点についてもう少し詳しく書いていきたいと思います。
・漢方薬を併用しながら断食を行う上で注意しなければならないこと
断食には、本断食や一日断食、半日断食といった種類がありますが、危険度を考えなかった場合一番効果を発揮するのは本断食です。本断食とは三日以上固形物を食べないで過ごすことで、体の中にたまってしまっていた老廃物を排出することで体を根本から治していくことができます。しかし漢方に瞑眩反応というものがあるように、断食にも好転反応というものがあり断食をおこなうと必ず好転反応がでてしまいます。これは人それぞれによって個人差はありますが頭痛やめまいなどといった、大きな苦痛をともなうことがあるため必ず専門家の管理のもとでおこなう必要があります。
・まとめ
つまり漢方薬においても断食をおこなうことにおいても知識がないまま自分の判断でおこなうことはとても危険なので必ず専門家の管理のもとでおこなうようにしましょう。

漢方のメリット・デメリット!

漢方薬は東洋医学に分類されるので日本ではあまりなじみのない薬なのかもしれません。基本的には私たちはまず西洋医学に分類される薬をまず処方されます。私が漢方薬を使うようになったきっかけは普段処方されている薬では効果が出なかったからです。当時私は国から難病として指定されている病気で闘病中でした。西洋医学におけるあらゆる治療を試しましたが効果があまりでず、最終手段として用いたのが漢方薬でした。漢方薬は現在調べればすぐに購入できるところなどもわかるので病気にきくとされている漢方薬を試してみると効果がすぐにでて今では病気で苦しんでいたころが嘘のように元気になりました。
・漢方薬を使用するうえでのデメリット
しかし漢方薬にはこうした大きなメリットもありますが注意しなければいけない大きなデメリットもあります。まず効果には個人差があるということです。どんな薬も個人差はあるとは思いますが漢方薬においてはそれがなかなか顕著にあらわれます。運よく私には非常に有効であったのですがおなじ病気の人でも違いがでてきます。その原因は明らかになってはいないのですが漢方薬が体本来の力を使えるようにする薬だからではないかと一般的には考えられています。西洋医学で一般的に処方される薬はその薬の力によって免疫を抑制するのに対しあくまで漢方薬は人間本来の力を取り戻す手助けをするというところに主眼をおいています。そのため今までの生活習慣など個人差があらわれるところが非常に関係してくるということです。
・漢方薬を使用したことからくる瞑眩反応
もう一つ漢方薬を使用するうえで注意しなければいけないのは瞑眩反応と呼ばれるものです。これは断食をするとあらわれる好転反応のようなものなのですが体を治していくうえで体の中に今までの生活によってたまってしまった悪いものを排出していく時に起きるもので一時的に体の調子がとても悪くなってしまいます。熱が出たり吐き気やめまいなど軽いものから重いものまでさまざまで我慢できないような苦痛にさいなまれることもあるので漢方薬を使う際は専門家の管理のもと使用するのが安全で良いのだと思います。